チェンジアップ家族

アクセスカウンタ

zoom RSS 227話 追悼本 小松博を想う

<<   作成日時 : 2009/09/26 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

お盆に実家に帰った時、
叔父の追悼本があった。
画像

叔父は、2年前の春
桜の季節に 突然 逝ってしまいました。

まだ63歳でした。

私の(爆裂な)母の2コ下で、
おばあちゃんより先に逝ってしまいました。

小さい頃から大好きな叔父でした。

「葬式で仕事を休みたい」と
上司に報告するのでさえ、涙だ〜だ〜で声にならない泣きっぷりで、
上司がドン引きしてたのを思い出します(・Θ・;)

画像

お葬式は、葬儀場の 3つの 会場をブチ抜いて、
ちょっと デカすぎるんぢゃね?
ってくらいの 会場が用意されてて、
今まで見た事ないくらいの御花がありました。
(ってもそんなに沢山、葬式に参加したワケじゃないんですが)
画像
その会場に入りきれないくらいの大勢の方が弔問に来てくださったのです。
イヤ・・・ホントにめちゃめちゃ大勢でした。
画像
追悼本
「小松博を想う」
−ろう者と手話を愛した男−

各関係者の方々が
叔父さんとの思い出やエピソードを語ってくれています。

画像
一番目が叔父さんの奥さん。
二番目が叔父さんのお母さん(つまりおばあちゃん)
三番目がおかーさんで
四番目が弟・・・・と
続きます。
画像
画像

イヤ・・・なんちゅ〜か、
ホントに文才ないな〜と。

やっぱ遺伝?

ブログランキングに登録しています♪ポチリンコをお願いします

画像


この本を読んで、いっし〜も手話を習おうかな・・・・。
と、ちょっと思ったのです。

この本は社団法人聴覚障害者協会から出版されています。
売り上げの一部は社会福祉法人 ひょうご聴覚障害者福祉事業協会
ふくろうの郷」へ寄付されることになっています。
(アフィリエイトではないので、いっし〜のトコへキャッシュバックがはいるようなことは一切ありません。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
大好きな人との別れは辛いよね・・・そんな身近な人に限って、本当に突然だったりします。。

家族や周囲の人にこんなにも愛されて、叔父さん幸せですね☆
ヒロ
URL
2009/09/27 00:03
すごく偉大なおじ様だったんですね。。
みなさんが惜しまれてたのがすごくよくわかりました。
63歳は若すぎるよーー

あんなに泣いてたのに
意外と冷静に会場で御花数えるいっし〜さんとおばさんにぷっとふいちゃったんだけど、、
あれ?そこ、笑っていんですよに??((((∵、。:A:。∵)
ぺんこ
2009/09/27 11:01
追悼本なんてすごいですね
とても良い方だったのですね〜
空からきっと見守っていてくれると思います^^
う〜ん、、63才は若い!!
ひろめい
URL
2009/09/27 18:50
おじさま みなさんから好かれる
素敵な人だったんだろうね
それにしても 追悼本なんてすごね!!
愛されてたんだろうね。


みいな
2009/09/27 23:30
おじさんが、亡くなられたときも
お話聞かせて貰いましたね(*^_^*)
ものすごく沢山の方がお葬式に来て下さったとかー

おじさんのお名前で、検索掛けてみましたが
いっしーさんのコメント発見!でした(笑)

本が出て、喜んでおられるだろうねえ。
なっちゃん
2009/09/28 07:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バナー作ってしまいましたo(*^▽^*)o どうぞご自由にお持ち帰りくださいませ。 リンクフリーですがご一報いただけたらめちゃめちゃ喜びます。単純なオンナですから(笑) 画像
娘=ちーのブログ。アメブロの事とか自分の描いた絵とか載せてます。
227話 追悼本 小松博を想う チェンジアップ家族/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる